信用調査

信用調査とは

消費者金融からお金を借りるには必ず借入審査があります。キャッシングを受ける人が毎月の支払日に、間違いなく支払える能力があるか否かの調査です。重要となる項目は、「資産」「能力」「性格」です。キャッシングを行ううえで十分満たされているかどうかを判断するための基準として審査が行われます。審査については、その人物の財産状況(預金、有価証券、不動産の有無)が一番重要な項目になります。

担保についていない不動産の有無で信用度は大きく変わってきます。能力については、勤務先への勤続年数を見ます。勤続年数が多ければ多いほど信用度は深くなりますし、社会保険証や給与明細書の提出で更に信用は増してきます。逆に勤続年数が一年未満の人は、信用度は低くなってしまいます。

性格については、生活様式や消費の仕方、ギャンブルの有無などが審査項目になりますが、これは窓口審査でのことでネットキャッシングでは審査項目にはなりません。もしも窓口審査を受けられるのなら、第一印象を良くする(清潔な身なり)ことが重要です。

0

審査項目

上述したように、定職に就いて毎月の収入が多いほど信用度が高くなります。それは債務を返済するだけの十分な所得が見込めるからです。また、家族構成も重要な項目で、既婚者で家族構成が多いほど信用は高くなります。住居に関しては、持ち家のほうが信用は高くなりますが、たとえ賃貸でも居住期間が長ければそれなりに信用度はついてきます。

毎月きちんと家賃を収めていると評価されるからです。あとは、カード記入文字の丁寧さや服装の清潔さ、持ち物の内容、金利に関する感覚などが考慮されます。自宅電話の有無も審査の対象とされ、携帯電話のみよりは固定電話があったほうが有利になるようです。

0